読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年の抱負の罠

「新年の抱負」をたてる人はどれくらいいるんでしょう。

 

私は数年前までこの作業が大好きで、

年末あたりから一年を振り返り、事細かく新年の抱負を設定するのが定番でした。

 

"New year = New me"

と思っていたのですが、年が変わったからといって新しい自分に自動でなるわけはなく。

 

それに加えて「新年の抱負」という名の下に、高すぎる目標を設けがちです。

新年に掲げた高すぎる目標が1月末頃にはだんだん実行できなくなって、

そんな自分が嫌になったり、自信がなくなったりする。

 

抱負を掲げる前に、

自分の抱負の裏に何が隠れているのかを一度しっかり考えるという時間をもつことが必要だと思います。

なぜその部分を変えたいのか、そうなってしまった理由はどこにあるのか。

どうしたら向上できるか。

その方法は自分のライフスタイルに無理なく組み込めるか…等々。

 

f:id:AyakoFukuda:20170107085746j:image

 

それをしっかり考えた後に、無理のない変更を日常に取り込んでいく。

悪い習慣は少しずつ断ち切って、いい習慣を定着させていく。

 

大切なのは、たまにさぼっても自分に寛大になること。

一度や数日さぼっても、一定のスパンでみてまた実行すればいい。

きちんと実行すれば、徐々に小さな成功体験が増えていって自信がでてきて、楽しくなるから。

 

私たちは自分に対して期待が大きすぎるように、私は感じます。

大事な家族や友人にそんなにストイックに期待することはないのに。

 

新年の抱負の罠にかからないように。

自分への戒めも込めて。

 

1. なぜ変えたいのか理由を一度考察する

2. 即効の結果を求めない

3. 一定の期間で、実行可能な計画を立てる

4. 自分に寛大に、自分を褒めながら変化を楽しむ